CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFILE

    名前:Joe
    2005年1月1日現在 日本で日本企業に勤める一般的女性。
    2005年6月にドイツでドイツ人の彼との結婚を計画してます。⇒結婚しました!

    ただいま、ドイツ語と格闘しながらドイツでの生活を満喫(?)してます。

    2008年8月、娘が生まれました。

    趣味:読書/映画鑑賞/旅行/ビールを飲むこと??

    参加してます。一日一回ポチッと。 ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
    にほんブログ村

ENTRY

CATEGORY

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

LINK

A☆D




--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

2006.05.21(05:55) Sun

きのうjoeで、子とか注文しなかった?
しかしjoeはここへjoeが確認した?
そしてここまでjoeがここまで意味したかったの♪
そこでここに意味したかも。

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

2006.05.19 Fri

わいん。

日本食レストランでのこと。

うちのレストランでは、お客さんがワインボトルとか頼むと、イタリアン/フレンチレストランのように、ボトルの確認、お客さんの前で栓を抜いて、注ぐという、例の<儀式>を行う。

↑私はいまだに苦手である C= (-。- ) フゥー。

おとといのこと、私はもう一人の子と一緒に働いていた。

その子は、イタリアンレストランで長年、バイトしていた経験があり、この儀式がとってもうまい。
私なんていつも、危なっかしく、たまにお客さんが、「僕、空けてあげようか?」なんていわれるぐらいなのに、その子は、何もなかったかのように、スルリと抜いてしまうのである。

そこに、ワイン注文のが飛び込んだ。ワインは寿司ワイン。

そこで、彼女、早速お客さんのところで、得意げに水戸黄門の印籠の様に、お客に見せる。

いかにも、「これがあなた方がお頼まれになった、ワインでございます。」かのように。

しかし。。




反応が



ない。。



そして。。


お客、「それって僕達が頼んだワイン? ラベル、読めないんだけど。。

そうなんです。その寿司ワインのラベルは日本語だったのですね~。いくら、確認を求めようが、読めないんだったらしょうがない。

水戸黄門の印籠も、その意味がわからなかったら、何の効果なし、とのことです。

Life in Germanyコメント(1)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

2006.05.21(05:55) Sun

きのうjoeで、子とか注文しなかった?
しかしjoeはここへjoeが確認した?
そしてここまでjoeがここまで意味したかったの♪
そこでここに意味したかも。

わいん。 のトラックバックアドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。