CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PROFILE

    名前:Joe
    2005年1月1日現在 日本で日本企業に勤める一般的女性。
    2005年6月にドイツでドイツ人の彼との結婚を計画してます。⇒結婚しました!

    ただいま、ドイツ語と格闘しながらドイツでの生活を満喫(?)してます。

    2008年8月、娘が生まれました。

    趣味:読書/映画鑑賞/旅行/ビールを飲むこと??

    参加してます。一日一回ポチッと。 ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
    にほんブログ村

ENTRY

CATEGORY

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

LINK

A☆D




--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

2005.02.06(14:18) Sun

>私はいつでも世界一ラッキーで幸せものだと思っている。

こういう考えをもっている人って、すごいと思うよ。私は、自分が今一番ラッキーなのか、ってあんまり考えたことないし、「幸せだなぁ」と思ったことはあっても、それはそのときそのときの小さな幸せに対する気持ちが多いと思うし。

だから
>そう思えることも幸せだと思う。
これはやっぱ、その人の才能かもしれないね。そしてこの才能が、自分自身を元気づける原動力になっているんだよ、きっと(^^)

そして、私は、まだ気づいてないけどなにか別のことが原動力になっているんだと思う。

この詩もいいね。
特に最後のパラグラフがジーンと来ました☆

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

2005.02.03 Thu

虹の足

今日は、私の好きな詩を一発

>虹の足     吉野 弘

雨があがって
雲間から
乾麺みたいに真直ぐな
陽射しがたくさん地上に刺さり
行手に榛名山が見えたころ
山路を登るバスの中で見たのだ、虹の足を。
眼下にひろがる田んぼの上に
虹がそっと足を下ろしたのを!
野面にすらりと足を置いて
虹のアーチが軽やかに
すっくと空に立ったのを!

その虹の足の底に
小さな村といくつかの家が
すっぽり抱かれて染められていたのだ。

それなのに
家から飛び出して虹の足にさわろうとする人影は見えない。
…お~い、君の家が虹の中にあるぞォ
乗客たちは頬を火照らせ
野面に立った虹の足に見とれた。
多分、あれはバスの中の僕らには見えて
村の人々には見えないのだ。

そんなこともあるだろう
他人には見えて
自分には見えない幸福の中で
格別驚きもせず
幸福に生きていることが…。

私はいつでも世界一ラッキーで幸せものだと思っている。そう思っていることも、そう思えることも幸せだと思う。今回、ドイツに行くことになって、みんなが祝ってくれることでさらに自分は幸せだと感じる。ちょっと悲しいけどね。
みんなも幸せになろうぜ。
Othersコメント(1)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

2005.02.06(14:18) Sun

>私はいつでも世界一ラッキーで幸せものだと思っている。

こういう考えをもっている人って、すごいと思うよ。私は、自分が今一番ラッキーなのか、ってあんまり考えたことないし、「幸せだなぁ」と思ったことはあっても、それはそのときそのときの小さな幸せに対する気持ちが多いと思うし。

だから
>そう思えることも幸せだと思う。
これはやっぱ、その人の才能かもしれないね。そしてこの才能が、自分自身を元気づける原動力になっているんだよ、きっと(^^)

そして、私は、まだ気づいてないけどなにか別のことが原動力になっているんだと思う。

この詩もいいね。
特に最後のパラグラフがジーンと来ました☆

虹の足 のトラックバックアドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。