CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PROFILE

    名前:Joe
    2005年1月1日現在 日本で日本企業に勤める一般的女性。
    2005年6月にドイツでドイツ人の彼との結婚を計画してます。⇒結婚しました!

    ただいま、ドイツ語と格闘しながらドイツでの生活を満喫(?)してます。

    2008年8月、娘が生まれました。

    趣味:読書/映画鑑賞/旅行/ビールを飲むこと??

    参加してます。一日一回ポチッと。 ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
    にほんブログ村

ENTRY

CATEGORY

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

LINK

A☆D




--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

2005.12.01 Thu

日本料理->ステータス

 昨日で4回目の日本食レストランのアルバイト。やっと、客層を分析する余裕が出てきた。日本食屋に来る、お客さんは大きく分けて、二つに分かれると思う。

1.興味本位の初めてのお客。
2.もう顔なじみの程、通いなれている客。

この二つのグループはかなり明確。2番目の客はよく、もうすでに、メニューの内容も把握していて、メニューを持っていく前に今日は「S4(すし盛り合わせ)に酒をお願い。」なんて言ったりする。(私よりもよく知っている。。)しかも、みんな"セレブ"、"ジェントルマン"、"インテリ"ちっく。(漫画クラブの人は除かれるが・・)。みんな、箸の使い方はもちろん熟知していて、「わさび」、「ガリ」は追加注文できるのも知っている。働く側としては、安心できるタイプである。

それに比べて、"笑い"を提供してくれるのが、1グループの人たち。よく「がり」はいつ食べるのか、とか、箸の持ち方を教えてくれ、天ぷらについている大根おろしは何だ、とか、とにかく質問が多いのも特徴。また私はまだ、見たことがないが、お通しと一緒に置かれる、箸置きでお通しを食べてしまったりと、なかなか予想をつかないことをしてくれる。要注意である。また、妙に陽気な人たちもこのグループである。この間の土曜日に来た、怪しげなドイツ人は、「あなたは日本人ですか?」と日本語で聞いてきて、「そうです。」と答えると、「おお~、そうですか、日本人ですか~。」といかにもドイツ人らしい、オーバーリアクションで返され、さらに最後には写真まで撮られてしまった。

でも二つに共通して言えるのは、日本食レストランで日本食を食べるというのが一種のステータスになっているということだ。うちの旦那が私と出会ったころ、初めて「寿司」を食べたと旦那のお母さんに言ったら、旦那のお母さんは、「生の魚は食べれないだよ。」と真剣に旦那に言ったらしい。それが約4年前。いまやドイツのどんなスーパーマーケット(Lidl,Aldy)でも冷凍の寿司が売っているほど、日本食は今やブームなのである。(冷凍というのが恐ろしいけど。。)
きっと、みんな「俺は日本食屋で寿司を食ったんだ」または決して安くない寿司を「いつも食べている」というのが、やっぱりステータスになっているんだなあと思う。
Jobコメント(0)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム;コメント

COMMENT:


NAME:

Subject:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

∵ コメントありがとやんすv ∵

日本料理->ステータス のトラックバックアドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。