CALENDAR

02 | 2005/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFILE

    名前:Joe
    2005年1月1日現在 日本で日本企業に勤める一般的女性。
    2005年6月にドイツでドイツ人の彼との結婚を計画してます。⇒結婚しました!

    ただいま、ドイツ語と格闘しながらドイツでの生活を満喫(?)してます。

    2008年8月、娘が生まれました。

    趣味:読書/映画鑑賞/旅行/ビールを飲むこと??

    参加してます。一日一回ポチッと。 ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
    にほんブログ村

ENTRY

CATEGORY

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

LINK

A☆D




--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

2005.03.21 Mon

3月20日 荒川マラソン

じゃじゃじゃん。ついにやってきました。3月20日荒川マラソン。
http://www.runnet.co.jp/info/a/2005/arakawa/
日本、最大級の市民マラソンです。私は去年に引き続き2度目の挑戦。狙うは去年の記録更新と、いわゆる"完走"。

しかし、現実はつらかった。
0km-10km キロ6分から7分。結構余裕。
10km-20km ひざが痛み出す。14km付近で先頭集団とすれ違う
20km-30km 完璧だめだめ。リタイアを考える。
30km-40km 友達が追いついてくれて、元気回復。
40km-42km 友達と一緒にゴール!!

ハーフ前から懸念事項だったひざが痛み、一時まじめにリタイアをしようと思いましたが、救護所まで行くのが面倒臭かったことと、やはりゴールしたい気持ちで、這ってでも行こうと思っていたところ、安斉君とまなえちゃんに会い、元気をもらいなんとかゴールすることができました。
記録は去年まで下がっちゃったけど、その後の体の痛みは去年より少なく、その点では成長したかなあと感じました。

まあ、今回は明らかに練習不足&連日の飲み会で体重が増えていたのが大きな敗因です。<-反省。

来年はやはりプラハか。
スポンサーサイト
Hobbyコメント(2)トラックバック(0)Top↑

2005.03.17 Thu

一時撤退

引越し第一弾として、もっとも足がかかる船便を出した。
郵便局から出せてしかも安い。時間が1ヶ月から2ヶ月かかるのが不便だけど。梱包さえすれば、集荷もしてくれるのでうれしい!

出そうとしたのは、
1.自転車
2.本
3.炊飯器
4.ぬいぐるみなど
5.靴
6.食器。

まあ、とりあえずすぐには必要ないものたち。とりあえず4つにまとめて出すことにした。

しかーし、郵便で出すときのサイズ/重量は下記のとおり。
(ア) 平面路小包
   大きさ……長さ1.5メートル、長さと長さ以外の方向に計った最大の横周との合計3メートル
   重量……30キログラム

一番の難物はやっぱり自転車。自転車屋さんでダンボールをもらうも、そのままでは大きすぎたようで、やはりだめだといわれてしまいました。。

とりあえず、他の3つの箱は出すことに。
1.炊飯器 3kg 3450円
2.皿+ぬいぐるみ+靴など 8kg 6200円
3.本 18kg 9900円

合計19650円。

思っていたより安く上がった。後は自転車を再挑戦。
がんばるぞ。

Movingコメント(2)トラックバック(0)Top↑

2005.03.17 Thu

今日は海外発送!

しちゃいます。送るものは、自転車、炊飯器、本、そして小物。自転車と本が重い。。いったいいくらかかるかなあ。
Movingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2005.03.07 Mon

ニシノユキヒコの恋と冒険

私の趣味のひとつは、本を読むこと。ひとつのことに深く集中し、その世界に浸ることが好きだ。ジャンルは特にこだわらない。よい読書の師匠にも恵まれ、特にこの1-2年はよく読んだと思う。
その師匠が最近貸してくれた本がこの本だ。
人を愛すことができないニシノユキヒコを彼と心を震わせたながら、彼から離れてしまった女性10人が語るという連作。読めば読むほど、これほど哀しくそして切なくなる本は初めてだ。
 よく人は"恋とは何、愛とは何?"と訊く。私の答えは"恋とは一方的、愛とは双方的。"だと思う。恋は盲目的で情熱的。好きな人が望むものをささげ続け、それに対して何の返しも期待しない。苦しくて、せつなくて、それでいて体中のひとつひとつの細胞が燃え上がるような気持ち。不安定で、危なっかしい、そして、世界最大のジェットコースターに乗っているような気持ち。
 好きな人が、同じ献身的な心を自分に向けるようになると、それは愛に発展する。愛は温暖的で妥協的。相手の反応を知り、その中で相手に対してできることをできるだけする。そして相手からもしてもらう。気楽で、暖かで、そしてうれしい。安定で、穏やかで、波のない海にぽっかりお船で浮かんでいる感じ。
 この本の女性はみな、ニシノユキヒコを愛そうとしたものはの彼の”なめらかな上の空"に気づき去り、そして、彼を愛そうとしない女性のみをニシノユキヒコは愛そうとした。その女性達も結局は彼を残して去っていったのだ。
 私は思う。もしも私がニシノユキヒコにあったらなら。きっと私は彼に恋するだろう。彼の凶暴さと彼の繊細さに惹かれ、私の方から飛び込んでいくかも知れない。でも、きっと私も彼の元を立ち去る。後ろ髪を引かれながらも、彼とではない人生を送ることを決意する。それは、やはり、一生愛されることがないと気づくから。そして願う。彼が愛する人に出会えるように。
 やっぱり、この本は哀しい。
Hobbyコメント(1)トラックバック(0)Top↑

2005.03.06 Sun

マラソン

 私の趣味のひとつはマラソン。でも趣味といえるかわからない。ここだけの話、そんなに"走ること"は好きじゃない。やっぱり苦しいし、疲れるし、しかも足も痛くなるし。できれば、走らないでいたほうがいい。のんびり、お散歩するほうがよっぽど好きである。
 でも、たまに嫌いなレバーにチャレンジするように、私には"好きじゃないもの"に挑戦したがるという変わった嗜好がある。だから私は走る。
 今日もそのマラソンに挑戦してきた。月例湘南マラソンといって、湘南の海岸線をひたすら10kmはしるもの。
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/kanaspo/getsurei.htm
 昨日の夜から実はそんなに乗り気ではなかった。天気予報を見ると雨または雪の確率50%。雨が降ればいいのになあ、なんて密かに思っていたのに、朝起きてみると、天気予報ははずれ、まあまあの天気。これでサボる理由を逃してしまった。
 スタート地点に並んでいるときも、どちらかというと、"棄権すればよかったなあ。"なんて思っていた私。合図とともに走り出す。
 私の走り方はとにかく一定にマイペースである。
 目標10km・1時間。ゆっくりのスピードでとにかく、"歩かない"ことを目的に走る。今回2度目とあって、行きは思っていたよりもスムーズに走れた。5km地点29分30秒。狙ったとおりの時間。後は、残すところ半分。一時間切れるかどうかなあ?
 しかし、敵はそこから待ち構えていた。
 昨日は友達の結婚式の2次会とあり、夜遅くまで飲んでいたのがいけなかった。急にトイレに行きたくなり、苦しい。しかも練習不足のためか、ひざが痛み出す。走れば走るほど、トイレに行きたくなるが、そういう時に限ってトイレが見つからない。これは早くゴールしなきゃと思うが、早く走ろうとすると、さらにおなかが動いてトイレに行きたくなる。また、トイレを我慢しているせいか、横っ腹まで痛くなる始末。
 今回はもうだめかもとあきらめかけた頃、あと2.5kmという表示が。後3/4。時間にして15分。がんばれ私。と自分を励まし、とにかく走り続けた。
 最後の坂を走りあがると、そこはゴール目の前。タイムを見ると59分45秒!最後のひと絞りで、ゴール。結果は59分53秒でした。1時間切れてホントうれしかった。
 その後はもちろん、トイレに直行。こっちも間に合いました。

 走り終わった後は、やはり何かを達成したという満足感と心地よい疲労感。そして、またひとつ自分に自信がついたような気持ち。
 私はこれだけのために走り続けているんだなあ。
Hobbyコメント(1)トラックバック(0)Top↑

2005.03.05 Sat

Apostile

今日は、外務省に行ってきた。というのも、これまで集めてきた、住民票、戸籍謄本、婚姻要件具備証明書をアポスティールするためだ。アポスティールとは、これらの証明を国として保障しますよ。ということ。無料でやってくれるからうれしい。

しかし、今日初めて外務省に行ってきた。霞が関の地下鉄の駅を降りるのも初めてだったけど、正直びびった。ちょうどお昼時期だったこともあり、これは一発、外務省のカフェテリアでお昼でも食べようかな~なあんて思っていたら、正門前から、警視庁の方々がずらずらと、警備をされている。正門に足を運ぶと、間髪いれず、「今日はどちらまで御用ですか」ときかれ、「証明班まで」と答えると、「はい、証明班まで~。」と大声でいい、外務省内を警備している人たちが、「こちらです。」と誘導してくれる。しかも、各曲がり角にそういう方々が必ずいて、そこから道を外れることなど不可能。
つまり、自分の行くところ以外はまったくいけないのだ!

密かにトイレにも行きたかった私。そんなことを聞ける雰囲気でもなく、地下鉄の駅にもどるまで我慢しました。

うーん。手ごわい。
Marriageコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2005.03.03 Thu

婚姻要件具備証明書

タイから帰ってきました。
で、早速始まる、書類集めマラソン!
スタートは"婚姻要件具備証明書"をGetすること。

この、舌をかみそうな書類。(実は一度もちゃんといえたことがない。)様は、「私は今、独身で、ちゃんと結婚できますよ~。」とわざわざ証明してくれるもの。

これを手に入れるためには、戸籍謄本と印鑑とPassportが必要。

で、戸籍謄本を手に入れるために、わざわざ実家まで足を運んだわけです。

戸籍謄本を入れるのは、簡単。戸籍を登録している市役所にいってもうらう。一部750円なり。4部もらったので1800円。。。
結構、懐いたい。

で、それをもって、その「婚姻要件具備証明書」をもらうんだけど、私の持っていた情報によると、市役所でもらえるはずだが。。何はともあれ、チャレンジ。

窓口で「「婚姻要件具備証明書」がほしいのですが。」とかっこよく言おうとしたが、言葉浮かばす、舌カミマクリ。結局、プリントアウトしてきた紙を見せる。

すると、なぜか窓口のお姉さんは「はあ??」という感じ。がーん。恐れていたことが起こったか。。
実は、私、超田舎出身なのです。なので、そこで国際結婚した人っていないんじゃないかって思っていたのです。なので、そんな国際結婚に必要な書類など、もしかして知らないかも。って。。

で、おねーさんは、ちょっと待ってくださいと言い残して中に。。不安な時間が過ぎる。

5分後。おねーさんが帰ってきた。で、一言。「この書類は法務局で発行するそうです。」と。
そうです、私が間違えていました。親切にそのおねーさんは法務局がどこかも教えてくれました。

なにはともあれ、では早速法務局へ。

そこではいかにも暇そうな法務局、総務課の皆さんが、私の書類を作ってくれました。

で、問題だったのが、相手の名前。
日本語のカタカナで書くのだけど、私の彼氏の名前って耳で聞くのと、アルファベットで書くのと、違うんだよね。

で、悩んだ挙句、申請した名前は後から本人に確認したら「違う」といわれ、次の日に訂正させてもらいました。

Marriageコメント(0)トラックバック(0)Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。