CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PROFILE

    名前:Joe
    2005年1月1日現在 日本で日本企業に勤める一般的女性。
    2005年6月にドイツでドイツ人の彼との結婚を計画してます。⇒結婚しました!

    ただいま、ドイツ語と格闘しながらドイツでの生活を満喫(?)してます。

    2008年8月、娘が生まれました。

    趣味:読書/映画鑑賞/旅行/ビールを飲むこと??

    参加してます。一日一回ポチッと。 ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
    にほんブログ村

ENTRY

CATEGORY

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

LINK

A☆D




--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

2007.02.06 Tue

Victoria Barsch


DSC00032.jpg


ドイツ人は平均週に1回は魚を食べるそうだ、というのをラジオで聞いたが、本当だろうか?

義母を見る限り、年に1回というのが、妥当な線だと思うんだが。。

私たちも、なんだかんだ言って、ちゃんとした魚を食べるのは月に一度あるかないか。だって、お魚、とっても高いんだもん。。しかも、売っている魚の種類が違うし。

しかし、何度か魚売り場に行くうちに、安い魚の種類を理解してきて、たまに作るようになりました。

写真は土曜日に作ったVictoria Barsch(スズキの一種、アフリカ産)のソテー、Dillとパセリのホワイトソースがけ。

残念ながらバターが残り少なかったのと、白ワインを入れ忘れたので、もうチョイだったかな。

その魚屋で、Seelachs(タラ)もお手ごろ値段であったので、今度買ってみたいな。鍋にでもしようかしら。
スポンサーサイト
Cookingコメント(4)トラックバック(0)Top↑

2006.09.17 Sun

Banana Kuchen


Banana kuchen
IMG_4338.jpg


共働きになってから、朝食にケーキを食べるようになった。理由は、簡単だし、必要なカロリーが取れるし、おいしいし。

そのケーキを週末に作るのを、ひそかな楽しみにしている私。

今日も作りました。 今回はバナナケーキ。めちゃめちゃ簡単でした。

作り方

バナナ 2本
バター 150g
砂糖  100g (黒砂糖の方が良)
小麦粉 250g
卵   3個

これらをカチャカチャと混ぜて170度のオーブンで40分焼くだけ。

あっという間にできちゃいます。

このほかにも、この週末はコロッケとグラッシュを作り置き。
これで、来週も働けます。

来週一週間はStuttgartに出張です。

車の運転がつらいけど。。がんばります。
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2006.07.21 Fri

中華そば風、ソーメン


中華そば風、ソーメン。
IMG_4271.jpg



暑いです。。。

連日、30度を越す暑さ。しかも、ここの直射日光は刺すように、痛い。

湿度も日本と同じぐらいあるのでは、と思うほど高く、掃除をしただけで汗だくになってしまう。

何よりも、クーラーがないのがつらい。。


そんなわけで、ここ最近はいつも素麺ばっかり食べています。
毎日ちょっとずつ味を変えて。

今日食べたのは、中華そば風。

自家製麺つゆに酢とラー油を投入。具はにんじん、ズッキーニ、ナスをいためたものです。

ラー油の代わりにコチジャンでもおいしいです。


しかし、いつまでこの暑さが続くのか。。。。


がっくり。。
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2006.06.12 Mon

Spargel(白アスパラガス)


土曜日のお昼
Spargelとハム、クレープのオランデーズソースがけ
IMG_1169.jpg

やっと、Spargelを今年も食べました。これを食べなきゃ、春が始まらない、とドイツ人はよく言うように、季節ものの代表ですね。

大抵は写真のように、Spargelとハム、そして薄く焼いたパンケーキと、それにゆでたジャガイモと一緒に、オランデーズソースをかけて食べます。

オランデーズソースはバターと卵黄で作った温かいソースで、まあ、マヨネーズの濃い版、見たいな感じです。

このソースをこれでもかっというぐらいかけ、食べるのが基本です。


Spargelは薄く皮をむくのですが、この皮のむき加減が難しい。あまり薄いと、筋が残ったままで、食べたときの食感が悪い。あまり厚いと今度は食べる部分がなくなる。ということで、剥く時は全身全霊をかけ、集中してやります。


で、苦労の結果のSpargelを食べると。。うまっ!!(⌒~⌒)


歯ざわりは、あくまでもやさしく、ほのかな甘みと苦味があって、超、おいしい!!とくに、アスパラガスの頭は一番おいしいところなので、よく味わってたべましょう。


4月から6月中は、ドイツレストランで食べることができるので、WCで訪れた(予定)の皆さん、おすすめです。


もっと綺麗な写真を撮ろうとしたのだけど、隣で旦那が食べ始めていたので、気が気でなく、撮れなかったよ。。。


結婚、もうちょっとで1年。いまだに、食べるときはいつでも戦争です。


とこで、今日は日本戦です!応援しましょ!
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2006.06.09 Fri

イチゴタルトケーキ


昨日・本日の朝食
イチゴタルトケーキ
IMG_1165.jpg



おいしそうに見える、このケーキ。実は失敗作なのです(ノ_-;)ハア…。

本来は、バニラプティングのソースをイチゴの下にごくわずかに敷き、その上にイチゴ、そしてそれから透明なゼリーをかぶせ、ポイップすた生クリームを添えて食べる、という極簡単なケーキで、Philipp君のお母さんがこの季節、イチゴの季節に私達が行くとよく作ってくれるのです。

先日、一緒に行ったスーパーでイチゴが安く売られているのをみた私、これは挑戦してみなければと、すべての材料を買い揃え、早速挑戦。

バニラプティングのソースを作った時、本当はちょっとだけでいいものの、貧乏性の私(何かが残るのイヤ!!)、作ったものはすべて投入してしまえ、とばかりに500mlものソース、すべてを入れてしまった。。

しかも、下のスポンジが、皿の影響で真ん中がへこんでいたため、そこにソースがたまり、上にイチゴを乗せたらそのあまりの水深(ソース深さ)の深さにイチゴが沈んでしまいました。

しかも、本来ならそのイチゴの上からゼラチンを載せ、いかにもピッカピッカ、おいしそうな感じになるのですが、イチゴが溺れているので、ゼラチンを乗せるスペースもなく、省略した。

で。。。切ってみると。。真ん中に溜まっていたソースが流れ出し。。流れ出し。。みるも無残。。。


カナシイです。。(ノ△・。)


本当は、生クリームの添えるのだけど、その生クリームも冷蔵庫から出した途端に床に落とし、床さんがすべてを吸ってしまいました。


カナシイです。。。(ノ△・。)


最近、旦那にも「オッチョコチョイ」だと、よく言われます。。


はおいしいよ。」と最大限のフォローを言われましたが。。


それでも、カナシイ(ノ◇≦。) ビェーン!!
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2006.06.08 Thu

フェタチーズ


昨日の夜食
イタリアンソーセージとフェタチーズのピザ
IMG_1154.jpg



昨日の夜、Philipp君は仕事の関係で飲みに行ったので、一人ふてくされ、家でビールを飲むことに。

そのつまみにと冷蔵庫にあった残り物でピザを作ってみました。


主役は、イタリアで買ったソーセージ、いわばサラミですね。
と、フェタチーズのみのシンプルピザです。

フェタチーズは、日本ではあまり見ることのないチーズですね。羊のミルクから作られた、塩辛く、濃厚なギリシャ産のチーズです。



普段はサラダに入れて食べたりします。

トマトとフェタの組み合わせはこれまた最高です(*^-^)。



ほかにお勧めとしては、中身をくりぬいたトマトにこのフェタチーズとにんにくを混ぜたものをいれ、オーブンで焼くと、これまた、とろけるほどうまい。


熱で加熱されるとこのフェタチーズは、まろやかな風味になり、食べやすくなります。チーズの塩味が強いと思う時には、牛乳を足すと、より食べやすくなります。



このトマトとフェタ、オーブン焼きは、私達夫婦がグリル(バーベキュー)をするときの定番メニューです。



このフェタとイタリアンソーセージのピザ。どちらも主張の強いもの同士が、トマトソースの上でガッチリ組み合わさって、最高!! しかも、しょっぱさがビールに合う。


ということで、大満足。おいしかったでーす*^-^)。





その後、帰ってきたPhilipp君。おなかの調子が悪いとのこと。


そりゃ、Weizen Bierを6杯も飲んだら、おなかも調子悪くなるでしょう。。。


いつになったら学習するのだか・・・?
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑

2006.06.06 Tue

昨日の夕飯- ビール缶チキン。


IMG_1146.jpg


昨日は、再びキリスト教の関係の休みで、結局3連休でした。そんな中、再び料理熱にとらわれたPhilipp君。午後3時ごろから料理に取り掛かっています。

取り組んでいた料理は、通称「ビール缶チキン」

痛々しくも、チキンちゃんのお尻に、ビール缶を突っ込み、それで、チキン君を立たせ、オーブンで焼くこと2~3時間。皮はパリパリ。中はジューシーという優等チキンの出来上がりです。

しかも、チキンちゃんの体から出た肉汁はすべてサワークリームとともにソースに生まれ変わり、このちょっとした酸っぱさが、なんとも堪らずおいしい!(≧∇≦)b


付け合せのマッシュポテトと野菜もそのソースで食べると、まったくいくらでも食べれてしまう。。


デブ注意報、発令中です。。


食べ初めてから10分後。すべては綺麗になくなっていました。はやっ!
Cookingコメント(0)トラックバック(0)Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。